FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ハードディスクの廃棄方法
ハードディスクを交換したとき、古いハードディスクの廃棄はデータ漏洩などを考えると頭の痛い問題です。

大事なデータは入っていなかったとしても、写真やメールのやりとりなど、「もし」他人に見られると思ったら嫌な気分です。「データを消して」廃棄したとしても、単純に「ゴミ箱をからにする」を選択しただけでは、ある方法を用いるだけでそのデータは生き返ってしまいます。

ではどうしましょう?

一番確実なのは、ハードディスクを物理的に破壊してしまうことでしょう。ちまたにはそういった機器を販売している会社もあり、

db-25
ハードディスク完全破壊機 CrushBox DB-25


なんて言うのもあります。
でも、価格は40万円程度するようで、私のように時々ハードディスクの廃棄を頼まれる程度では割に合いません。

そこで私は、自分でハードディスクを分解、廃棄しています。
方法は以下の通り。

1.まず、ハードディスクを用意します。今回は先日お預かりした80GBのハードディスクです。
壊れたハードディスク

2.トルクスネジを外し、蓋を外します。
ふたを開けます

3.ディスクを固定しているトルクスねじを外し、ディスクを取り出します。
ディスクを取り出します

4.あとは、取り出したディスクを4つ折りにして完了です。
ディスクを曲げます


ちょっと手間はかかりますが、ここまですればデータの吸い出しは不可能でしょう。破壊機を買うより安く済みますし、しっかり分別して捨てれば地球にも優しいです。

ただし、この作業をする場合に注意すべき事があります。それは、ディスクが硬質ガラス製の場合は割れて怪我をする可能性があることです。この記事を見てまねをしようとする方は、折り曲げる前に金属かどうかしっかり確認してください。
また、金属製でもそれなりに硬いです。手が滑って怪我をすることもありますからその点も注意です。

ハードディスクの廃棄でお悩みの方、お試しください。


ハードディスクの破壊機。アマゾンにも売っていました。

COMBO-FBI
COMBO-FBI
ハードディスク完全データ消去+物理破壊マシンオリエント測器コンピュータCOMBO-FBI9760008123149


に・・・295万円!?
た・・・高い。なおさら買えない。。。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。