FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
インターネットに急につながらなくなった
「急にインターネットにつながらなくなりました。」という電話が入りました。

モデムやルーター、パソコンの電源OFF/ONをしてもらいましたが効果なし。
もちろん、前回のこともありますので電源を切る時間は「長めに」してもらっています。

一通り電話で出来ることはやってもらって改善しないようなので、お伺いする事にしました。
お伺いするに当たってプロバイダがどこか訪ねると、

「さくらインターネットです。」

とのこと。
え?さくらインターネットって・・・、レンタルサーバーの?

「さくらのフレッツ接続」サービス終了のお知らせ(追加)

プロバイダ業務はつい先日、終わっているみたいなんですけど。。。

って事は、お客様は新しいプロバイダ名を間違えているのかもしれません。
お客様に電話を入れて、もう一度プロバイダ名を確認しました。
しかし、確かにさくらインターネットだと言うことです。念のためメールアドレスを確認しましたが、アドレスは確かにさくらインターネットの物です。
つまりお客様はプロバイダのメールは使わず、さくらインターネットのメールを使っている言うことになります。


その事をお話しして再度プロバイダの確認をお願いすると、

「そう言えば知らないところから請求が来ていたので、今日の午前中に解約手続きをしました。」

ど・・・どこですか、それ。

「BBexciteです。」

あぁ・・・・それです。
プロバイダとの契約を解除してしまったんですね。
それならつながらなくなって当然です。

それが分かった以上、ネットへの接続を再開するためにはBBexciteに電話を入れるしかありません。
私が伺ったとしても、何の解決にもならないのです。
しかしこちらが電話を貰ったのはすでに日が落ちた18時過ぎ。
BBexciteの受付時間(17時)は終わっています。
問い合わせの電話を翌日入れてもらうようお願いし、お客様宅に伺うことなく今回の対応は終了です。



さて今回のトラブル、ご主人がプロバイダを変更したのにもかかわらずご家族がそれを知らなかったのが原因のようです。
しかもメールアドレスは今までの物を使い続けていたため、ご家族としてはそれを知るすべが無かったのでしょう。
詐欺や妙な勧誘がはびこる昨今、不安に思ったご家族が「BBexciteなんて知らない。解約しちゃえ!」となったとしても、なんとなく納得できます。


と言うわけで、詐欺に間違えられた(笑)BBexciteですが・・・。

翌日、朝一番で電話を入れるとすぐに対応してくれてたそうです。
接続IDやパスワードは変更になりましたが午後にはいつも通りネット環境が復旧したそうで、その対応の早さは驚きでした。



スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。