FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
真っ暗な画面で、パソコンが起動しない
真っ暗な画面になり、パソコンが起動しないと言うお電話をいただきました。それではXX時頃に・・・と言おうとしたところ、「今から持って行くから!」と言って電話を切られてしまいました。

届けられたパソコンは富士通のノートパソコン。OSはWindows Vista Home Premiumです。

画面を開くと、パワーボタンを押していないのにいきなり「Windows 拡張オプションメニュー」が表示されました。

拡張オプションメニュー

電源を切らずに持ってきてしまったようです。しかも運搬手段がバイクです。ハードディスクが壊れていないか心配ですが、まずは状況の確認をします。

「Windowsを通常起動する」を選ぶと、しばらくしてからログオン画面が表示され、パスワードを入れてログオンすると、左上の方に更新している旨のウィンドウが出てきました。そしてしばらくすると真っ黒な画面から変化がなくなってしまいました。
更新のウィンドウが表示されたと言うことは、直前に何かしらの更新処理が行われていたと言うこと。「Windows 拡張オプションメニュー」が表示されたと言うことは、Windowsが正常に終了しなかったと言うことです。

「もしかして、強制終了をしましたか?」

ご本人は良く覚えていないようですが、いろいろ聞いてみるとパワーボタン長押しで強制終了をしてしまったらしいことが何となく確認できました。そしてこの状況からすると、強制終了をしたのがWindows Update中だった可能性が大きいです。そしてその後、どうやらご自分でいろいろやってしまっているようで・・・。
なんとなく長くかかりそうな気がしますので、お預かりすることにしました。

さて、電源が入ったままバイクで移動させたので、まずはハードディスクに損傷が無いかチェックします。チェックツールはSeagateのSeatoolsです。どこのメーカーのハードディスクでもチェックできますので、私はたいていこのツールを使っています。
しかし、エラーは検出されません。

それではWindowsでディスクのチェックを・・・と思いましたがWindowsはセーフモードでも起動しないので、コマンドプロンプトを起ち上げてから

chkdisk :c /r

と入力してチェック。しかし、特にエラーは検出されません。と言うことは、ファイルには(見た目では)異常が無いと言うことです。そこでVistaのユーティリティからスタートアップの修復もしてみましたが問題は検出されません。前回正常起動時の構成で起動してみますが、それでもWindowsが起動しないのは相変わらずです。

それではと言うことで、Windowsの復元を試してみたところ、いくつかある復元ポイントのどれを選択してもエラーが表示されてしまいます。ノートンを入れていると復元に失敗することがあるそうなので試そうと思いましたが、

メッセージ「復元は未完了 コンピュータを復元できません . . .」

すでにアンインストールしてある状況ではそれも出来ず。何より、タスクマネージャからexplorerを起動してもすぐに消えてしまう現在の状況では、何をしようにも手も足も出ません。
結局、WindowsUpdateで失敗してしまった(らしい)システムを復元する方法は見つからず、リカバリを選択するのが一番確実と言うことになってしまいました。

必要なファイルのバックアップを取り、Windowsをリカバリ。最新のWindowsUpdateまで確実に終了してからインストールしてあったアプリケーションを入れ、ウィルス対策ソフトなども再インストール。正常に動作することを確認して終了です。

データは全て元通りですし、良い感じでハードディスクの掃除も出来たので「今までよりも早くなった」とお客様は喜んでくれましたが、なんとも複雑な気持ちでいっぱいのサポートでした。
スポンサーサイト
テーマ:パソコンサポート
ジャンル:コンピュータ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。