FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
インターネットにつながらない
どうやってもインターネットにつながらないと言うことでお呼びがかかりました。
電話で「ケーブルはちゃんとつながっていますか?」などと確認しましたが大丈夫とのこと。それなのにモデムのLinkランプが点かないそうです。

パソコンはSONYのVAIO、ノートパソコンです。OSはWindowsXPです。
伺って確認すると、状況は電話で聞いていた通り。モデムのLinkランプが点灯していません。時々点滅しますが、これはモデムが接続を確立させようと信号を出しているためでしょう。

まずは、基本である物理的な接続を確認します。
マンションには元からADSLが完備されていますが、現在はそのプロバイダは使わずに他のプロバイダへ変更されたそうです。その為か、壁にはLANのジャック(RJ45)と電話用のモジュラージャック(RJ11)があります。

・・・・で、気がつきました。
モデムにつながっている電話線のケーブル(RJ11)が、マンション常設のLANジャック(RJ45)に刺さっています。
聞くと、つながらなくなる前に部屋の掃除をしていたそうで、ケーブルが邪魔で抜いたとのこと。元に戻すときに「刺されば大丈夫」みたいな感じで刺したそうです。

電話のプラグは6ピン。LANのプラグは8ピン。LANケーブルをモジュラージャックに入れることは出来ませんが、その逆は簡単に入ってしまいます。しかもきっちり刺さるので外から見たのでは間違いに気づきにくく、一度プラグを抜いてみないとハッキリとは解りません。もともと下位互換のある同じ種類のコネクタですから、こんな事が出来てしまうのです。

ケーブルを元の位置に戻すと、モデムのLinkランプがしばらく点滅した後、正常に点灯するようになりました。パソコンからのブラウジングも問題なく出来るようになりました。

到着してから解決するまでほんの数分。
あまりにもあっけなさ過ぎるので、ディスクのクリーンアップやパソコンの掃除をして帰ってきました。
重いウィルス対策ソフトが入っているので動きはモタモタしていますが、それでも少し快適になったような気がします。
スポンサーサイト
テーマ:パソコンサポート
ジャンル:コンピュータ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。