スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ウィルスバスター2009の有害サイト規制に関するエラー
無線LANの初期設定で伺ったお宅での事です。

セットアップも終了してパソコンを再起動すると、以下のようなメッセージが表示されました。

ウィルスバスター2009有害サイト規制設定エラー

保護者がウィルスバスター2009を開いて、有害サイト規制を修正するまで、インターネットを使用しないでください。それが終了したら、コンピュータを再起動して、インターネットを使用してください。

はぁ、そうですか。

と言うことで、有害サイト規制のセットアップをします。
と言っても、こちらのお宅では小さいお子さんはいらっしゃいませんし、パソコンを使われる方は立派な大人です。有害かどうかはご自分で判断されることなので、有害サイト規制の設定は「無効」です。で、再起動すると、

同じです。

もしかして無効ではダメなのかと思い、有効に設定し直して、詳細設定ですべての規制を無効にしてみました。でも同じメッセージが表示されてしまいます。
これは何か変です。早速ググってみると・・・

コンピュータの起動後に有害サイト規制に関するエラーメッセージが表示される

要は、修正プログラムをダウンロードして実行しろと言う事ですね。
早速実行して再起動すると、それ以降は表示されなくなりました。

今回のお客様はお試し版のウィルスバスター2009だったのですが、特に問題なく実行することができました。
これでダメだった場合は再インストールが必要だそうです。

お試し版の再インストールは・・・・う~ん。。。






スポンサーサイト
テーマ:パソコンサポート
ジャンル:コンピュータ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。