スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
パソコンが起動しない
パソコンが起動しなくなった、とご連絡を頂きました。

PC-VN770CS6B.jpg

物は、NECのPC-VN770CS6B。
Windows7のSPが無い頃のパソコンです。

勝手にWindows10になってしまい、その頃から動作がおかしくなり始めたとのこと。
それってずいぶん前?と思ったのですが、お客様の話では『数ヶ月前』だそうです。

なんだか時間にズレがあるような気がしますが、これは相当前からおかしかった可能性があります。
話しをまとめると、

・勝手にWindows10になった。
・その頃からおかしくなり始めた。
・ディスクのチェックが始まったが、なかなか終わらない。
・終わってもWindowsは起動しない。

どう考えてもHDDの不具合の可能性が濃厚です。
たぶん、重傷かも。。。
大切な写真や動画が沢山あるので、何とか吸い出して欲しいそうです。

状況から考えて、「確認しますぅ~」なんて言いながらHDDのチェックをしてしまうと、二度と読み出しが出来なくなる可能性があります。HDDを取り出し、メンテナンス用PCに接続してすぐにサルベージ作業に入ることにしました。

その結果・・・

読み出しに丸々3日かかりました。
(危なかった。3日で済んで良かった。)

とりあえずの読み出しには成功したので、そのデータをバックアップ用のHDDにコピー。(ディレクトリ情報が破損していたため、さらに解析してからのコピーになりました。)
そして、お預かりしたPCに新規のハードディスクをセットし、Windowsをインストール。
幸い、お客様はリカバリディスクを作っておられたのでWindows7のインストールは難なく完了。
Windows10へのアップグレードをご希望なので、そのままWindows10へ。
Officeをインストールし、OfficeとWindowsのアップデートを全て適用しました。

データはほぼ100%復旧でき、快適に動くようになったパソコンを見て、お客様が一言。
「こんなに快適に動くことは今までなかった!」だそうです。
こんな風に言われると、うれしいですね。

ただし今回のPC、メーカーではWindows10へのアップグレードはサポート対象外です。
当然、動作しないソフトがいくつか出てしまいました。
しかしお客様は「そのソフトは使わないから。」と言う理由でWindows10へのアップグレードを希望されました。

使わないソフトが動かないだけなら、OSは新しくした方が良いですよね。
スポンサーサイト
起動はするけど、デスクトップが真っ黒
Windows7を使われているお客様。
起動はするけど画面が真っ暗で、ゴミ箱しか表示されないと言うことです。

症状を確認してみると、

1. 起動途中に『デスクトップを構成しています。』と言う表示が出て、
  とにかく起動に時間がかかる。
2. 起動しても壁紙が表示されず、コントロールパネルなどが使用できない。
3. 『userprofileが参照できない』旨のメッセージが表示される。
4. デスクトップアイコンが表示されない。デスクトップの重要なファイルが無くなった。

上記の事から、どうやらユーザープロファイルが壊れているらしいと言うことがわかります。
ハードディスクの故障を疑いましたが、調べてみると問題なし。
そこでシステムの復元を試してみると、無事復旧することができました。

しかし安心したのもつかの間。
windows updateを実行し、MSSE(Microsoft Security Essensials)でチェックをすると、また同様の症状になってしまいます。

いろいろ調べてみると、どうやらMSSEで不具合があるようです。
2017/08/31の定義でMSSEを更新し、その定義でスキャンをすると同様の症状が出ることが確認できました。
(この記事を書いている時点で、MSSEの定義はさらに新しい物になっています。それを適用すれば不具合は出ないようです。)

というわけで対応方法は、以下の通り。

1. システムの復元をする
  全てのプログラム>アクセサリ>システムツール>システムの復元
  8/31以前の復元ポイントでシステムを復元する
2. MSSEを更新する
  MSSEを表示させ、更新タブから『定義の更新』をする
3. MSSEの定義の日付を確認する
  上記更新タブから、定義の日付が8/31以外であることを確認する

この不具合は、MSSEの定義が8/31でスキャンした場合に出る不具合のようです。
すでに定義が8/31以外であれば、スキャンしても問題は出ないようです。
また、定義が8/31になっていても、スキャンしなければ問題はないようです。


ただし、上記復旧作業をするのにちょっと不安な部分があります。
復旧するのに使う『システムの復元』が正常に終了しない場合があると言う事です。
復元のためのデータが壊れているか、そもそもシステムの復元が『無効』に設定されている場合などがそうです。

その場合の復旧方法は、userprofileの再作成か、レジストリの修復か。
最悪の場合、復旧はあきらめてWindowsの再インストールやリカバリになってしまうかもしれません。
これらの方法は試していないので何とも言えません。
インターネットに繋がらない
「インターネットに繋がらないんですけど。」
と言うお電話を頂きました。

2台あるパソコンを有線でネットに接続しているそうですが、一台だけインターネットが使えないと言う事です。
ご自分である程度チェックをされたそうで、

  ・ ルーターへのpingは通るけど、グローバルIPアドレスにはpingが通らない
  ・ 正常動作するパソコンと不具合のあるパソコンを交換しても症状は変わらない

との事。
ちなみに「ping」とは、LANの接続がちゃんと繋がっているか確認するときに使うコマンドで、コマンドプロンプトから行います。
やり方は

 1. コマンドプロンプトを開く
   windowsキー + Rキーで「ファイル名を指定して実行」ウィンドウを開く
   「cmd」と入力して「OK」をクリック
 2. pingコマンドを入力する
   ping 192.168.1.1 等と入力
   ping www.yahoo.co.jp 等、ドメイン入力でもOK

症状からして、ルーターに何か不具合が起きている可能性もあります。伺ってネットワーク全体をチェックしないと何とも言えない状況ですが、お客様が言うには「今から横須賀に行く用事があるから、ついでに持っていく」とのこと。

自分  「横須賀に行く?どちらにお住まいですか?」
お客様 「小田原です。」
自分  「え?!・・・お待ちしております。」

出張費を考えたら、ついでの用事で持ってきてくれればその方が安いです。もしルーターの不具合だとしたら、その時に改めて伺えば良いことですから。

さて、持ってきて頂いたパソコンはiiyamaのデスクトップパソコン。
Windows10にアップグレードしてあります。

早速チェックをしてみると、当店の環境でもローカルエリア(ルーター)にはpingが通りますが、グローバルIPアドレスには通りません。ただ、起動直後はグローバルIPアドレスにもpingが通ることが有り、何かのソフトが悪さをしているようです。

色々調べていくと、どうやら原因はマカフィーインターネットセキュリティの動作不具合らしいと言う事が分かりました。お客様はMcAfeeのアカウント情報を持ってこられたので、ここは手っ取り早く再インストールして様子を見ることにします。

しかし、McAfeeがまともに動きません。当然、アンインストールもできず。。。
仕方なく、マカフィーのサイトから削除ツールをダウンロード。

マカフィー・個人向け製品専用削除ツール(MCPR.exe)の使用方法

2013年度までのマカフィー・コンシューマー製品が対象らしいですが、とりあえず実行・・・まともに動かず。
ネットワークとセーフモードで起動すると、今度はちゃんと動いてくれました。

削除完了後、通常起動を行ってからpingを打つと、今度はグローバルIPアドレスも反応します。ブラウジングも行えるようになりました。
改めてMcAfeeをインストールしてもネット接続は正常。そして、McAfeeはさっきよりもサクサク動きます。やっぱりちょっと(だいぶ?)おかしかったんですね。

お客様に聞くと、今回の不具合はWindowsUpdateをした時からおかしくなった、とのこと。毎日パソコンを使うわけではないのでハッキリしないけど、直前に行ったのはそれぐらいだと言う事でした。

確かに、今回のWindowsUpdateはちょこちょこ不具合報告があるようです。
他のお客様でもネットに繋がらなくなったという声を聞きますし、場合によっては「データベースが動かなくなった!」なんて事もあるそう。なんだか色々やっちゃった感がぬぐえないWindowsUpdateだったようです。

と言う訳で、今回の作業は完了。
お見送りをしようと表に出ると、お客様は車の中でなにやらゴソゴソ。何だろう?と思っていると、『お土産!」と手渡されました。

小田原うさぎ

ありゃぁ!ごちそうさまです!!
甘い物、大好きなんです。(喜)
ハードディスクと蝶番と
「パソコンは起動しているみたいだけど、画面が表示されない。」と連絡を頂きました。

dynabook_T3501.jpg

修理後の写真です。
2010年のパソコンですがまだまだキレイ。現役で使えます。


物は東芝のノートパソコンT350/36ABD。2010年のモデルです。
もともとWindows7で使っていましたが、例によって勝手にWindows10になり、そのまま使い続けていたそうです。
東芝ではWindows10へのアップグレード対応を行っていない機種で、バンドルソフトなどは一部が動かないようです。しかしドライバはありますので、バンドルソフトを使わないのであればパソコン自体は問題なく動きます。
お客様はネットとOfficeさえ動けば良いようで、それならWindows10で全く問題ありません。

さて、Windows10にアップグレードしたパソコンで起きる不具合に「接続されているハードウェアが認識されない」と言うのがあります。
この症状の具体的な物の1つに、今回の症状である「起動しているのに画面が表示されない」と言う物もあり、これらの問題は「高速スタートアップを無効」にすることで解決することがあります。

高速スタートアップを無効にする方法は以下の通り。(NECのサイト)

Windows 10で高速スタートアップを無効にする方法

この方法で通常のスタートアップになり、接続の不具合は解消され、今回のような「画面が表示されない」などの問題も解消します。起動の度に不具合が出るのであれば、上記サイトにあるコントロールパネルからの「高速スタートアップの無効化」を行うのが良いでしょう。

・・・しかし、

今回の原因は高速スタートアップではありませんでした。
通常起動しても症状は変わりません。「ようこそ」の画面が表示されるであろうタイミングから全く画面が表示されないのです。
それもそのはず。チェックしてみると、ハードディスクにエラーがありました。ハードディスクの不具合による、起動不良って事です。

早速、ハードディスクを購入して丸ごとコピー。
その上でシステムの修復。
それでも起動せずにシステムの復元。
復元が失敗するのでシステムファイルのチェック。
しかし、チェックプロセスその物がまともに動かず・・・。

・・・八方ふさがりって、こう言う事でしょうか。。。

どうやらハードディスクのエラーでシステムの大事なところがやられてしまっているようです。こうなると、何らかの方法で修復が成功したとしても後々の動作不良が心配です。

こうなったら方法は1つ。

お客様の了解を頂き、データの吸い出しとWindows10の再インストールで解決としました。(敗北感イッパイ)
でも、まぁ、症状からして、後々のことを考えればこれが最善の方法であろうと思いますけど。。。



で、実は不具合はもう一つ。

このパソコン、ディスプレイ向かって左の蝶番が壊れています。開閉をする度にパカパカと蝶番部分のトップケースが口を開けてしまいます。

dynabook_T3502.jpg

壊れていた蝶番部分。
ディスプレイを開閉するとパカパカしていたのが直りました。ネジが入っている部分がちょっと膨らんでしまっています。



お客さんに伝えると「え?ホント!?」と全く気がついていなかった様子。気がついていないんだから開閉に気を遣うはずもなく、内部の固定部分の樹脂はボロボロ。外周りまで割れていなかったのが不幸中の幸いという感じでした。

樹脂部分は一度割れてしまうと修復が大変です。
簡単に思い付くのが瞬間接着剤です。しかしあれはCMを見ると強そうな気がしまが材質を選びます。それに、力のかかる場所で上手く行ったことがありません。事実、今回の材質はABS樹脂なので、通常の瞬間接着剤では無理です。
どうしようかとさんざん悩みましたが、今回は偶然良い材料が見つかって修復することができました。次回からの修復に役立てられそうです。

と言うわけで、Windowsの起動(一応)も、蝶番の不具合も問題なし。
無事、お客様の所へ引き取られていきました。

正直、今回は蝶番の修復の方が気を遣いました。
力がかかる場所ですから、いい加減な修理ではすぐに壊れてしまいますからね。

後日、念のため、電話で様子伺い。
すると、「起動も蝶番も問題なし」と言って頂いたので、どうやら修理は上手く行ったようです。
安心しました。
突然電源が落ちる
何回かご利用頂いているお客様からのご依頼です。

久し振りに電源を入れてみたら、何の前触れもなく電源が落ちる症状が頻発するとのこと。
しかも電源が落ちる間隔がだんだんと短くなっているそうで、現在は起動途中で電源が落ちてしまうために何も作業できないそうです。

なんだかヤバそうですね。

物はNECのノートパソコン、Lavie、PC-LL550VG6B。2009年秋の発売モデルですから7年前のモデルです。ほとんど使っていなかったせいかなかなかキレイです。

突然電源が落ちる症状でまず思い付くのは、ホコリが溜まった事による熱暴走です。
しかしすでに11月中旬。これだけ気温が下がってきているのに熱暴走?しかも、電源が落ちる間隔が短くなっている?熱暴走ではないなぁ・・・とは思いましたが、念のために裏蓋を外して中を確認。
案の定、中はキレイで冷却フィンにはほとんどホコリは確認できませんでした。一応ホコリを取り除いておきましたが原因は違う所でしょう。

次に考えたのが、部品の劣化や接触不良です。
とはいえ、劣化して電源が落ちるパーツと言えばACアダプタかマザーボード。ACアダプタは交換してみたけど症状変わらないし、マザーボードは調べても・・・ねぇ。。(修理、交換するなら、新機種を買った方が金銭的にお得)
他の部品(メモリやハードディスクなど)は電源が落ちる原因としては考えにくいですが、それでも一応調べてみました。しかし特に問題なし。接点不良も考えられるのでキレイにしてみましたが、もともとそれほど汚れていないので効果があるかどうかは疑問です。

そしてドキドキの・・・と言うか、何も出来ていない無力感一杯で電源を入れてみると・・・。

電源が落ちます。(やっぱりね)
さて・・・何が原因でしょう。。。

ボーッとしながら電源が落ちたパソコンをしばらく見ていると、バッテリ充電ランプがチラチラと不規則に点滅しているのが目に入りました。

充電ランプチラチラ
チラチラと点滅する充電ランプ。
充電ランプがここにない場合もありますので、取り扱い説明書をごらんください。

ここにHDDアクセスランプがある場合もあります。HDDアクセスランプが点滅するのは正常です。



通常、充電中であればこのランプは点灯しっぱなしになります。
ここが不規則に点滅していると言う事は、もしかしてACアダプタの接触不良?

そう思ってACアダプタ差し込み口をキレイに清掃。その上でもう一度ACアダプタを接続してみると、チラチラと点滅する症状はなくなりました。
しかし、新たな問題を確認。しばらくすると「フッ。。」とバッテリ充電ランプが消えてしまいます。そして、何事もなかったように点灯。またしばらくすると「フッ。。」と消える、の繰り返し。

これを見て、今回の不具合の原因がわかりました。
このパソコン、ものすごくバッテリが劣化していたのです。(年式から考えれば当然)
そのため、バッテリの劣化を検知すると充電回路切断。いやむしろ、ひどいバッテリの劣化で過電流になり、ACアダプタのセーフティー回路が働いて電源供給が停止しているようなのです。
試しにバッテリを外して電源を入れてみると、何の問題も無くパソコンを使うことが出来ました。

完全に直すには新しいバッテリを購入するしかありませんが、値段が値段です。
お客様にお伝えすると

「バッテリ、外していれば良いんでしょ?」との事。

その通りです。ACアダプタのみで使ってもらうことになりました。
使用中にコンセントを抜いたりすると問題がありますが、今までだってACアダプタを接続していないと使えなかったんですからその点は問題無さそうです。

と言う訳で、今回の対応は終了。
「修理」と言うよりは「古いパソコンの使い方」みたいな対応になってしまいましたが、まぁ、そんな事もありますよね。。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。