スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
マイラインの登録変更で基本料金が割安に!(の電話に注意)
今回は、パソコンのサポートと言う話しではありませんが・・・。

マイラインの登録を変更すると、NTTの基本料金が安くなります。

と言う勧誘電話がかかってきました。

マイラインとは、メタル回線(光やケーブルテレビではない、NTTが昔からやっている電話回線)を使っている人が電話会社を選択できるサービスです。選択できる電話会社は、NTT東日本、NTT西日本、NTTコミュニケーションズ、KDDI、ソフトバンクテレコム、などがあります。(他にもあります)

マイライン/マイラインプラス

ただしこのサービス、あくまでも電話をかけるときの接続業者を選択するだけで、NTTに支払っている基本料金が安くなるようなことはありません。つまり、電話の相手が言っている「NTTの基本料金が安くなる」は間違いなのですが、その事を質問すると「登録を変更すれば、基本料金が安くなります。安くなるんですっ!!」と譲りません。

これはもしかして、いい加減な説明をしてサービスの変更をさせ、利益を得ている詐欺のような商法なのでしょうか。面白そうなので、話を聞いてみることにしました。

『訪問して説明』を了承すると、「後ほど別会社から、日時確認の為に電話を入れさせて頂きます。」との事。電話を切ってから10分ほどで電話があり、明日来ることになりました。


さて翌日。
「本日伺いますぅ~」、「これから伺いますぅ~」としつこいぐらいに在社確認の電話をしてきたくせに、30分も遅刻して来店。

さて、いったいどんなシステムで基本料金が安くなるのか。
そもそも、本当に基本料金が安くなるのか。それとも何かの詐欺なのか。ワクワクしながら聞いていると、サービスの名前は一切言わずに説明を始めました。

その話しぶりは、物腰は柔らかいけれど矢継ぎ早にたたみかけるような物言い。こちらが質問する隙を与えず、自分たちが提供するサービスのすばらしさのみを声高に説明し、説明しながらコピー用紙の裏に手書きで図を書いています。

サービスの説明をするのにパンフレットもなく、コピー用紙の裏に手書きです。
しかもその内容はどう考えてもマイラインではなく、直収電話の説明です。

ちなみに直収電話とは、NTTの交換機を使用せずに電話回線(メタル回線)を使用できるサービスです。「マイラインとの違い」を分かり易く説明するのは難しいのですが、現在ある電話線をそっくり別会社が運営すると言うことです。
別会社の運営ですから、企業努力によってNTTよりも少しだけ安い基本料金で電話回線を使うことが出来ます。
ただし注意しなければいけないのは、運営会社がNTTではなくなるので、ADSLでインターネットを使用している人はインターネットが使えなくなる可能性が大いにあります

直収電話 - Wikipedia

すごくがっかり。
話の内容はマイラインの登録変更などではなく、直収電話へのサービス変更の説明でした。
もっと裏技的なサービスの変更とか、もしくは巧妙な詐欺のような話を期待していたのに、本当にがっかりです。

あまりにもつまらないので、話をさえぎって質問しました。

自分 「これ、マイラインなんですか?」
相手 「これは電話回線の基本料金が安くなるサービスでして、NTTが・・・」
自分 「これは、マイラインの説明なんですか?
相手 「・・・いいえ、違います。」
自分 「『マイラインの登録を変更すると基本料金が安くなる。』
     電話ではそう言われたんですが?」
相手 「応対した者の説明が不十分だったんですね。」
自分 「『本当にマイラインなのか?』と何度も聞いたんですよ?」
相手 「担当者が不勉強だったんですね。」

こいつ、人のせいにするのか?
別の会社だと言っていたから、人に罪を擦り付ける気か?

自分 「昨日の最初の電話は、どこの会社の人ですか?」
相手 「私どもの電話担当です。」
自分 「え!?別の会社じゃないんですか?」
相手 「いいえ、私どもの会社です。」

「別の会社」って電話では言っていたのに、同じ会社じゃん。
電話をもらったときから胡散臭かったけど、やっぱりね。。。

説明をちゃんとしない、人をだますような、そんな信用できない会社と何かの契約をするつもりはありません。そもそもADSLの会社が選択できないなんて、そんな足かせがある直収電話サービスは使いたくありません。

何も得るものは無いし、話しはつまらないし、使いたくないサービスだし、今回の勧誘はハッキリお断りさせて頂きました。

しかしこの男、人の話を聞いているのかいないのか、ハッキリ断ったにも関わらず
今回のお申し込みはどうされますか?」とか聞いてくる始末。
もう一度ハッキリ「申し込みません。」と伝えました。

「サービスの変更をされないと言うことですので、同じようなご案内の電話がかかってくるかもしれませんが宜しくお願いします。」という言葉を残し、彼は帰っていきました。(どういう意味なんでしょう?)

ちなみに、今回の直収電話の会社はソフトバンクテレコムでした。電話をかけてきた代理店は・・・ココには書きません。問題があるといけませんので。

携帯でもなんでも、ソフトバンクの代理店はあまり感心しない勧誘の仕方をする会社が多いように感じます。そんな風に思うのは、自分だけでしょうか?




・・・さて、余談ですが・・・

このような「マイライン変更案内」の勧誘電話、ひかり回線を使っている会社にもかかってきていると言うことです。ひかり回線はマイラインと何の関係もないのですが、それでもかかってきていると言うことはどういうことでしょう?

これは想像ですが、マイラインと言いながら、契約内容はsoftbank光への変更なのかもしれせません。もしそうなら不勉強どころか大嘘レベルの話ですが、「マイラインの変更」といいながら直収電話を案内するぐらいですから、softbank光を案内したって不思議では無いでしょう。

嘘をついてでも契約さえ取ってしまえば、親会社からリベートが入ってくる。それが対法人であればクーリングオフは無いから契約のキャンセルは無い。もし契約キャンセルになれば、高額な違約金を請求できる。そんな感じではないでしょうか。

そういえば一時期、光回線対応電話を法人に高額でリースする詐欺まがいの商売もありましたね。今回の業者も、高額リースの営業をしていたという話をネットで見かけます。今回の話しも、最終的には何かの機器を高額でリース、なんて言う事になっていたのかもしれません。(それまでガマンして聞いていれば良かったかな?)


以上、まとまりがなくなってしまいましたが、念のために・・・

・マイラインも直収電話も悪いとは言いません。
・マイラインの登録変更でNTTの基本料金が安くなることはありません。
・ひかり回線で電話を使っている人は、マイラインは関係ありません。
・法人契約は、クーリングオフは適用されません。
・何かを契約するときは、信用できる業者を選びましょう。

と言うことで、ひとつ、よろしく。



スポンサーサイト
無料でwindows10にアップグレードできる!
前々から「もしかしたら」なんて言われていましたが、windows7以降のOSはWindows10に無料でアップグレードできると発表されました。何とも、うれしいお話になっています。

Gigazine -
 Windows 10は無料でWindows 7・Windows 8.1などからアップグレード可能


ただし、アップグレードできるのは発売後1年間だけらしいです。「無料アップグレード」はうれしいけれど、この「1年間」と言うのがちょっと不安です。

例えば、windows8 -> windows8.1 アップグレードの場合。

windows8は無料で8.1にアップグレードできます。しかし、ハードディスクなどを交換した場合などは手間がかかります。と言うのも、windows8のプロダクトキーでは直接windows8.1をインストールすることは出来ないからです。まずwindows8をインストールし、その後windows8.1にアップグレードしなければなりません。これは、OSのインストールに2倍(もしくはそれ以上)の時間がかかると言うことです。
(それとも、何か方法があるのでしょうか?知っている人、教えてください。)

ですから、もしwindows10へのアップグレードの方法が windows8 -> windows8.1 のアップグレードと同じだとしたら、何かの理由でwindowsを再インストールしなければならなくなった場合、そのタイミングがwindows10発売後から1年以上経過した後だったとしたら、windows10を有償で購入しないといけなくなってしまいます。

その場合のアップグレードの方法はどうなっているのか。windows10にアップグレードした時点で、自分でリカバリイメージを作成しないといけないのか。それとも、何かしらの方法が用意されていて、リカバリメディアを作成する方法が用意されているのか。そういった所がちょっと不安、そしてちょっと楽しみです。

そしてもう一つ心配なこと・・・と言うか、安易にアップグレードして途方に暮れる人がいるのではないか、と思うことがあります。それはwindows10に限らず全てのアップグレードに言えることですが、使っているソフトの対応状況の事です。

例えば、windows7でoffice2003を使っている場合。

すでにサポート期間が終わってしまったoffice2003ですが、今でも使い続けている方は沢山いらっしゃることでしょう。しかし、office2003はwindows7までしか正式対応していません。にも関わらず「windows10は無料だから」と言う理由で安易にアップグレードしてしまうと、今までのoffice2003が使えなくなってしまうかもしれません。最新のofficeを購入すればとりあえずは良いでしょう。しかし、複雑な処理をVBA等で書いていた場合、旧officeで作ったファイルは新officeでは正常に動かない、なんて事もあり得ます。つまり、アップグレードをした直後からまともに仕事ができない、なんてことになってしまうかもしれないのです。

有償無償に限らず、windows10へのアップグレードは(周辺機器やソフトの)現在の使用状況を調査してから、と言うことですね。



追記 office2003について

前々からoffice2003はwindows8やwindows8.1でも動くと言われていましたが、ここへ来てwindows10でも動いているらしいという情報がポチポチ出てきました。全く問題なく動くのかどうかまでは分かりませんが、サポートが終わっても動くのはありがたいですね。



WindowsXP SP1は、ネットにつなぐと即感染?
WindowsXP SP1(SPなしも)は穴だらけのOSだから、
ネットに繋げるとアタックを受けてウィルスなどに即感染する。

とか
WindowsXP SP1をインストールしてUpDateをしようとすると、
UpDateの途中でウィルスに感染する

・・・なんて言う話を聞きます。
これはSP1以前に存在するセキュリティホールなどのOSとしての脆弱性から言われている事で、正直、自分もそれに近い状態であろうと思っています。
しかし自分で確認したわけではなく、人様(ネット)からの受け売りと言われればそれまでの情報です。

こんな仕事をしている以上それではいけない。
ちょうど手元に使っていないパソコンがあるし、本当にすぐアタックや侵入をされるのか試してみましょう。(ぉ

用意したのはWindowsXP SP1をクリーンインストールしたパソコン。
勿論WindowsUpDateは一切していませんし、自動UpDateもOFFにしてありまあす。
このパソコンをネットに接続し、グローバルIPアドレスが割り当てられる環境で20時間ほど放置してみました。

さて結果は・・・
一切、変化なし。(残念)

頻繁に外部にアクセスするとか、勝手にシャットダウンするとか、そういう症状は一切ありません。
誰かがpingを打っている形跡やP2Pのポート検索みたいな物はありますが、パソコンの中身は至って平和。
無駄に20時間も電気を使ってしまいました。

SP1がセキュリティ的に弱いのは確かですし、ファイアウォールも起動していませんからアタックに弱いのも確かです。
それにも関わらず、何も変化が起きなかった。
このことから考えられるのは、

 1.ちょうどお盆休み中だった
 2.使ったIPアドレスが過疎地だった
 3.「SP1は即感染」の話は都市伝説
 4.実はSP1は最強のOS

と言った所でしょうか。

いままで使っていなかったIPアドレスですから、予想としては2番かなぁ・・・と思っています。
頻繁にアクセスがあるIPアドレスだったら、こうはならなかったでしょうね。
(例えば、いろいろな物に感染していたパソコンをつないでいたとか、巨大サイトで使っていたIPアドレスとか)

と言うわけで、WindowsXP SP1でネットに繋げると「即感染」は嘘だと解りました。
せいぜい、「運が良ければ問題なく使用できる」と言うことで。。。

とは言ってもいろいろ言われている昨今、セキュリティ対策を行うのは基本です。
下記4点は実行しておいて損は無いでしょう。

 1.Windows Update(Microsoft Update)を行い、OSは常に最新の状態にする
 2.ウィルス対策ソフトを導入する
 3.ファイアウォールを使用する
 4.できればルーターを使用してネットに接続する



さて、ファイアウォールについてですが。。。

WindowsXP SP2と違い、SP1以前にはOS標準のファイアウォールが無いと思っている人もいるようですが、実はファイアウォール機能(ICF)が付いています。

 Windows XP でファイアウォールを有効または無効にする方法

SP2以降のファイアウォールと同様、中からの情報漏洩には全く効果はありませんが、外からのアタックには効果があります。
SP2以降のファイアウォールとはちょっと違いますが、何も入れていないよりはずっと良いでしょう。

また、「OS標準のファイアウォールでは不安。でも市販の物は高い。」と言う人には、今は無料のファイアウォールソフトがいろいろあります。

例えばコレ。

 ZoneAlarm 8/14日現在、日本語版(7.0.483)はVistaへインストール不可。
英語版をインストールしてください。

これを使えば、悪意のあるアタックは防げますし、きっちり設定すれば情報の漏洩も無くなります。

ウィルス対策ソフトだって、無料の物があります。
ユーザー登録と一年ごとの更新処理が必要ですが、なかなかの優れものです。

 avast!

上記の二つは多々ある対策ソフトの中の一例です。
「市販のセキュリティ対策ソフトは高い。」と思って何もされていない方、とりあえず使ってみては如何ですか?

ちなみに、Macユーザーはウィルス対策をしていない人が多いみたいです。
友人に何人かMacユーザーがいますが、誰一人としてセキュリティ対策をしていませんでした。

ユーザーが少ないから感染しにくい、と言うことですかね。 (^_^;






テーマ:インターネット
ジャンル:コンピュータ
IE8にしたんですが。。。
久し振り書くネタがこんなことで申し訳ないのですが。。。

Windows UpDateの勝手な行動により(って言うか、なすがままにされてみました)、今日からIE8になりました。

感想は・・・・


FireFoxみたいな外観になりました。。。。


MicrosoftはMacの真似してみたり、FireFoxの真似してみたり。
もっと独創性が欲しいと、なんとなく思ってしまいます。

ゴールデンウィークも関係なく仕事をしている人間のひがみです。
ごめんなさい。
テーマ:インターネット
ジャンル:コンピュータ
やっとブログ
ついにブログを開始。

ホームページを持っているのに、ブログは今まで触れたこともありませんでした。

これからバリバリ記事を書いてみたいと思います。

バリバリ、バリバリ。

でも、ちゃんと書けるのでしょうか。

なんたって自分、自他共に認める「文才のない奴」ですから。


・・・・がんばりまっす。
テーマ:ブログや日記
ジャンル:ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。